Skip Navigation
  1. HOME
  2. コミュニティー
  3. メディアニュース
  4. 市政ニュース

市政ニュース

件名
大邱自律走行有償運送、市民を乗せて力強く出発!
部署名
登録日
2022-01-13
作成者
( T. )
조회
37
書き込み内容

地域内の自律走行車が集結、「自律走行有償輸送発足式」開催

 

大邱市は、一カヶ月間の自律走行有償運送ベータテスト(Beta Test)を終え、15日(水)午後320分、大邱慶北科学技術院(DGIST)で、「対市民有償運送サービス」の本格開始を知らせる発足式を開催する。

 

発足式は、「大邱未来車転換ビジョン宣布式」の行事と連携して行われ、権泳臻(クォン・ヨンジン)市長、大邱市議会のチャン・サンス議長、国土交通部のキム・ジョンヒ自動車政策館、DGISTのクク・ヤン総長などが出席し、自律走行車の展示・説明、有償運送限定運輸免許の贈呈、市民第1号乗客証明書の授与、自律走行車の試乗などの順序で行われる。

 


 

〈自律走行車試乗〉

external_image

 

発足式に先立ち、会場の前では、地元企業と機関が保有する自律走行車10台を並べて展示する特色ある見どころも演出される。展示されるのは、実際に道路で運行中の車両で、3Dプリンティングで製作した自律走行シャトル「Olli、テクノポリスの自律走行環境をリアルタイムで管制する「移動型自律走行管制車両」、既存の自動車にライダーやレーダーなどを装着して自律走行車に改良したソナタ、コナ、アイオニック、リンカーンなど様々な車種が披露される。

 

自律走行有償運送は、「自律走行自動車の商用化の促進及び支援に関する法律」に基づき、国土交通部から「自律走行試験運行地区」に指定された区域に限って認められており、大邱ではテクノポリス・国家産団(17.1㎢)、寿城アルファシティ(2.2㎢)一帯が試験運行地区に指定されている。

 

今回の有償運送サービスは、テクノポリスからスタートし、「DGIST~大邱科学館~瑜伽邑(ユガウプ)琴里(クムリ)」路線(約7.2km)の免許は()ソネットが、「ポサン公園~玉女奉(オンニョボン)交差点~瑜伽寺(ユガサ)交差点~中里(チュンリ)交差点」路線(4.3km)の免許は()エスダブルユーエムに与えられる。

 

自律走行有償運送第1号市民乗客の栄誉は、大邱市ソーシャルメディアイベントを通じて選ばれた「シン・スンソプさん(93年生まれ)」に与えられた。今後、自律走行車への搭乗を希望する市民はモバイルアプリを使って車両を予約・呼び出すことができる。土曜日・祝日を除き、午前10時から午後5時まで利用可能。

 

大邱市は、公共交通機関が整っていない地域の交通問題を解決するため、今年上半期中に寿城アルファシティー一帯(大公園駅~寿城アルファシティ~大邱美術館)の約7.2㎞区間を往復運行する自律走行シャトルバスの有償輸送サービスを行う計画だ。

 

国土交通部のキム・ジョンヒ自動車政策官は、「自律走行は、国民の生活をより安全にし、交通・物流など産業の効率性を高められるコア技術で、政府は今後、こうした技術が商用化され、自律走行時代を早期に実現できるよう政策的支援を惜しまない」述べた。

 

また、権泳臻市長は、「今回の試験運行地区での有償輸送のスタートをきっかけに、テクノポリス一帯を、革新企業が成長し、創造的な人材が集まる大韓民国を代表する自律走行シリコンバレーとして育てていく」と意欲を示した。


添付ファイルリスト
! 알림
※모바일 기기에서 첨부파일이 다운로드 안 되거나 보이시지 않을 경우, 미리보기버튼를 이용해 주시기 바랍니다.