Skip Navigation
  1. HOME
  2. コミュニティー
  3. メディアニュース
  4. 市政ニュース

市政ニュース

件名
地元の医療機器、中国で300万ドル規模の輸出契約を締結
部署名
登録日
2019-11-07
作成者
( T. 120)
조회
53
書き込み内容

 

地元の療機器、中300万ドル規模の輸出契約を締結

大邱市の支援により6社が

 

大邱地域の療機器連企業が「第82回中国国医療機器見本市CMEF Autumn 2019)」に加し、計959万ドル規模の輸出商談績を達成する成果をあげた。

 

〈海外バイヤとの商談〉

external_image

 

国国医療機器見本市は、年春と秋の2回にわたって開かれるアジア最大規模の見本市だ。19日から22日までの4日間、中国青島コスモポリタン博覧場で開かれた今回の展示には、世界20国から4,000社、10万人を超える場者とバイヤ加した。

 

大邱市が支援し、大邱テクノパク企業支援が設置した大邱地域共同館には、△(株)エンドビジョン△(株)ユーバイオメド△(株)オルソテック△(株)テリュ△(株)デンタリックス△(株)ソンイ実業の、大邱に所在する6社が加した。

 

これらの加企業は、今回の見本市で、304万ドル規模の輸出契約を締結したほか、403件の商談を通じて959万ドル規模の商談績を達成し、療機器連企業の入障壁が高いことで有名な中市場において製品の競力を認められた。

 

方向脊椎視鏡手術器具を手がける(株)エンドビジョンは、大邱先端療複合にある大邱プレPre)スタ企業で、同社の主力製品である脊椎および整形外科の手術器具(Spine)など300万ドルに相当する製品を中療機器門流通業者に納入することで最終合意し、正式な契約締結に向けて、10月末に中現地企業を訪問する予定だ。

 

現地企業は、「(株)エンドビジョンは、脊椎手術に必要なすべての製品を揃えている。病院と連携し、製品の使用方法や手技などを教えるプログラムまで運しているのが最大の利点」と、高い足感を示した。

 

痛みのない物吸刺激器(Tappy Toktok)を製造販売する(株)ユーバイオメドは、4万ドル規模の契約を現場で締結した。今後、追加の輸出が期待される。

 

大邱市のスンホ経済副市長は、「大邱地域の療企業は十分な技術競力を備えていたが、製品をPRし、売り込むマケティングの分野で苦戦していた。今回の見本市ではそうした課題を克服したようだ。今後も地域の療企業の優れた製品が世界に羽ばたけるよう、持的かつ体系的な支援を惜しまない考えだ」と述べた。

 

一方、大邱市と大邱テクノパク企業支援は、1月にドバイで開催される予定の「アラブヘルス2020」でも大邱共同館を設置・運し、輸出市場の大に拍車をかける計だ。