Skip Navigation
  1. HOME
  2. コミュニティー
  3. メディアニュース
  4. 市政ニュース

市政ニュース

件名
大邱市、医療観光クラスタ公募事業で3年連続の全国1位
部署名
登録日
2019-02-07
作成者
( T. 120)
조회
102
書き込み内容

2019年大邱慶北、共生協力目指して融合複合光クラスタを構築

 

大邱市は、文化体育光部が実施する公募事業「2019光クラスタ事業」で全1位となり、4億ウォンを確保したと表した。2017年から3年連で、これまでの累積費は10億ウォンとなっている。

 

今回の成果は、昨年12月末に文化体育光省が主管して実施した「2018光クラスタ事業の事業成果および2019年の推進計」の書面審査(1次)と、今年初めに文化体育光省の6人の審査委員が直接大邱合案センターや地域先導療機、代表的な光スポットを訪問して行った実地点2次)で、審査委員から高い評価を得た結果とみられる。

 

2018年に推進した「光クラスタ事業」の主な成果は、デジタル光ポタルの整備、代表的な光商品の公募事業、タゲットとする国に合わせた海外の開催、20181回アジア太平洋アンチエイジングコスの設置、大邱SNSの運920カ所に及ぶ大邱光海外センターの設置などで、いずれも審査委員から高い評価を得た。

 

また、審査委員が直接現場を訪問して行った実地調査では、大邱光の中核的な役割を果たしている大邱光振興院と代表先導療機関に指定されたBL整形外科・皮膚科院への訪問、韓国観光公社が主管するウェルネス25選に選ばれたハヌル湖や2019年韓国観100選に選定された大邱の壁画通り「金光石(キム・グァンソク)通り」を代表的な光商品連携光コスとして紹介するなど、大邱光クラスタ事業に向けた万全の準備と能力を備えていることをアピールするのに成功したと評価されている。

 

3年連続で1位となった大邱市は、今年、「大韓民国を代表するウェルネス光都市の構築」というビジョンを掲げ、慶北道との共生・協力体制をさらに強化し、大邱の療と慶北の文化光地を連携させ、

 

MICE事業、韓方ビュティ産業を連携させた体型のウェルネス特化商品の開、在韓大使館ネットワクの化および海外報センタの能力化、地域の大(病院)と協力して推進する産・学・官統合の開催、大邱光マガジンの行、大邱SNSの運などを中心とした新規事業を実施するとともに、引き続き実施する必要がある従来の事業を融合複合し、韓国を代表する光クラスタを構築するとの目標を掲げている

 

泳臻(クォンヨンジン)大邱市長は、「大邱は首都と比べても遜色のない優れた療インフラを備えた都市である。光クラスタ事業で3年連1位達成という成果を土台に、さらに積極的に海外患者の誘致を目指す家の多角化をっていく」としたうえで、「地域の優秀な療技術を育成するなど、大邱市が先頭に立ってメディシティ大邱の際認知度を高め、アジアを超えて世界の光ハブ都市に飛躍するための努力を化していく」と述べた