Skip Navigation
  1. HOME
  2. コミュニティー
  3. メディアニュース
  4. 市政ニュース

市政ニュース

件名
都市デザインにより犯罪を予防する!
部署名
登録日
2019-01-21
作成者
( T. 120)
조회
82
書き込み内容

「大邱域市犯罪予防都市デザイン基本計」の策定が完了

大邱市は、先月、都市デザインに犯罪防止に向けたデザイン手法を取り入れる「大邱域市犯罪予防都市デザイン基本計」を策定した。計に基づき、市全域に犯罪予防デザインを適用していく計


「大邱域市犯罪予防都市デザイン基本計」がまとまったことで、都市デザインに犯罪の予防減少につながるデザイン手法を取り入れることにより、安全な町づくりに向けた土台が築かれた。

  ○ 都市の景を美しくする目的だけでなく、犯罪予防といった社問題について探求析し、解決するツルとして、都市デザインの適用ががっている 

犯罪予防都市デザイン基本計は、2015年の「犯罪予防都市デザイン例」の施行により、5年ごとの計策定が義務付けられており、昨年、大邱地方警察や各警察署の協力を得て、基本計の策定が進められた

同計は、大邱市の犯罪生パタンや空間構造を体系的に分析したうえで地域に合った防犯策を見出し、各地域の特に合わせて犯罪予防デザインの方向とガイドラインを示している。

  ○ 今回の計では、公共空間における自然な監視を化し、都市空間において開放された視界を確保できるよう、出入口やフェンス、造園施設などを適切に配置した。これにより、物理的心理的な仕組みにより犯罪予防につながるデザインの提案に加え、住民同士の自由な交流や絆の形成、地元住民による公共エリアの積極的な利用などによる持可能な犯罪予防デザインの方向性を示している

特に、今回の計では、市民が治安に不安を感じる老朽住宅地やワンルム密集地域、路地などの犯罪予防デザインについて重点的に提示している。

  ○ 路上駐車が多い路地や1階がピロティ構造になっているワンルム密集地域については、監視カメラの設置や照度改善に加え、死角をなくすためのミラトや反射鏡の設置を提案している。また、行き止まりの路地については、デザインによる領域性の化をるとともに、植木鉢や家庭菜園などを配置することで、住民自らの管理による自主的な犯罪予防デザイン手法を提案した

  ○ 今後、大邱市は、基本計で提案されたデザイン手法を環境整備や都市再生事業など多な事業に適用し、大邱全域にげていく計だ。