Skip Navigation
  1. HOME
  2. コミュニティー
  3. メディアニュース
  4. 市政ニュース

市政ニュース

件名
「2018大邱グローバルロボットビジネスフォーラム」開催
部署名
登録日
2018-11-13
作成者
대구시 ( T. 120)
조회
26
書き込み内容

1114()17()4日間にわたり7カ国の9ロボットクラスターが参加

 

大邱市が主催し、7カ国の9ロボットクラスターが参加する「2018大邱グローバルロボットビジネスフォーラム」が、「New StartNew Challenge “Beyond Borders”(国境を越えた新たなスタート、新たなチャレンジ!)」をテーマに、14日から4日間の日程で、EXCO一帯で開かれる。

 

external_image
大邱市が主催し、()大慶ロボット企業振興協会、()大邱機械部品研究院、EXCO、韓国ロボット産業振興院、韓国産業団地公団大邱・慶尚北道地域本部、大邱コンベンションビューローが共同で主管する「2018大邱グローバルロボットビジネスフォーラム」が1114日から17日まで4日間の日程で、EXCO一帯で開かれる。


○ 2017年に4カ国の5ロボットクラスターが参加して開催された同フォーラムは、今年はさらに規模が拡大され、韓国(大慶ロボット企業振興協会)、米国(マサチューセッツ、シリコンバレー)、フランス(ロンアルプス、ロボット連合)、中国(浙江省)、ロシア、シンガポール、マレーシアロボット協会の7カ国の9ロボットクラスターのほか、国内外のロボット関係者400人以上の参加が見込まれている。


特に、昨年の同フォーラムでロボット協会の関係者が視察して関心を見せたロシアやシンガポール、マレーシアなどは、今年から正式な参加を表明し、フランスのロボット連合クラスターも参加を申請したほか、米国など海外企業から20社余り100人以上も参加する見通しだ。


初日の日程は、▶ロボット産業市場創出事業に関する成果報告会 ▶グローバルロボットビジネスフォーラム ▶グローバルロボット関係者の夕べなど。


- 大邱市精力的推進ロボット企業育成きな成果しつつあるロボット産業市場創出部品競争力強化事業する成果報告会では、地元企業への支援する成果報告来年度支援事業方向性提示される


- ビジネスフォーラムでは正確なトレンド分析将来予測という内容専門家による基調講演、「国境えたたなスタート、新たなチャレンジをテーマに79ロボットクラスターの代表によるロボット技術発展企業間連携する成功事例」などにする発表、大慶ロボット企業振興協会のキム・チャンホ会長座長えてのパネルディスカッションがわれる


- グローバルロボット関係者では、国内外のロボット関係者約400人出席、産学研官のネットワーク構築交流けられる記念公演やロボット関係者同士の交流、ネットワーク構築、有功者の表彰、晩餐などが計画されている。


○ 2日目は、クォン・ヨンジン大邱市長や7カ国の9ロボットクラスターの代表が出席する中、既に構築されたグローバルネットワークを軸にグローバルクラスターが連携し、共同発展と協力に向けた方策や各クラスターの役割分担などについて話し合う「グローバルロボットスーパークラスター発足式」が開かれる。この席で大邱市は新設される民間国際機関の事務局としての役割を担うことになる。

- 「協同ロボットセッションではこのところ市場規模急速拡大する協同ロボットをテーマに、斗山韓和といった協同ロボットメーカー(大手)部品メーカーロボットSI企業、研究機関、大学などから専門家出席、協同ロボットの開発普及活性化けたモデル開発、対応方法、戦略情報について共有するけられ、地元のロボット企業様々情報提供される

○ 3日目は、国内外のロボットクラスター関係者約50人が、地元のロボットメーカーであるオプティマスシステム()とロボット基盤のスマートファクトリー優良企業である平和精巧()を訪問した後、地元の拠点大学である慶北大学などを視察し、大邱のロボット産業の未来ビジョンが紹介される。



今回のフォーラムは、既に構築されたグローバルネットワークを軸に、グローバルロボットスーパークラスター発足式で各国のロボットクラスター間の相互連携によるロボット産業の協同発展を模索する意義深い会合だ。ロボット産業クラスター構築事業が完了した大邱市には、現代ロボティクスや安川電機、ABB、クカといったグローバルロボット企業が相次いで拠点を置いており、従来の伝統産業都市から韓国を代表するロボット産業都市に急速に変貌しつつあることを世界中にアピールする絶好の機会だ。


大慶ロボット企業振興協会のキム・チャンホ会長は、同フォーラム開催の意義について、「ロボット産業における先端技術は欧米など先進国が有し、ロボット需要市場はアジア圏に集中してため、そうした国々と企業の国際的な連携が不可欠」と語る。

クォン・ヨンジン大邱市長は、「大邱グローバルロボットビジネスフォーラムの規模をさらに拡大させるべく、ロボット産業先導都市を目指し、あらゆる知恵と力を動員していきたい。グローバルロボットスーパークラスターの発足式では、世界のロボット市場の主導権を握り、グローバルロボット産業先導都市としての国際的な存在感を示したい」と話す。