Skip Navigation
  1. HOME
  2. コミュニティー
  3. メディアニュース
  4. 市政ニュース

市政ニュース

件名
「大邱代表図書館」(仮称)の名称を公募
部署名
登録日
2018-06-12
作成者
대구시 ( T. 120)
조회
38
書き込み内容

応募期間:614日~76 / 大邱市ホームページにて応募受付

大邱市は20217月オープン予定の「大邱代表図書館」(仮称)の名称を公募する。

大邱代表図書館鳥瞰図当選作〉

external_image

同公募の応募期間は614()76()3週間。関心のある人であれば誰でも応募できる。地域の図書館の中心拠点、文化複合空間の中心という図書館設置の趣旨が盛り込まれ、大衆性、象徴性、独創性に溢れた名称とその理由を記載して応募すること。

応募は大邱市ホームページ(www.daegu.go.kr)から。市民の人気投票や専門家らで構成された選定委員会などを経て選定され、81日に発表される。優秀3作品の応募者には100万ウォン相当の文化商品券が贈呈される。

キャンプウォーカーのヘリコプター駐機場返還敷地(南区大明洞67-2番地一帯)に建設される同図書館は、地下1階~地上4(延べ面積14350平方メートル)で、一般資料室や子ども資料室、大邱学資料室、マルチメディアゾーンといった各種資料室のほか、保存書庫や多目的講堂、会議室、講座室、グループスタディルーム、展示室、ブックカフェ、食堂などで構成される。

○ 60年以上にわたり米軍の敷地として活用され、市民生活とはほど遠かったキャンプウォーカー。その地が街の公園となり、そこに図書館が建設される。単なる図書館ではなく、地域コミュニティの中心、文化複合空間としての機能も期待される。

○ 2017年下半期に実施された建設設計業務公募で選ばれたヘンリム建築士事務所によって建築設計業務が現在行われている。また、図書館の効率的運営によって市民に最高の図書館サービスを提供しようと、慶北大学産学協力団が運営基本計画の策定に関する研究を行っている。

大邱市市民幸福教育局のチン・グァンシク局長は、「新たに建設される大邱代表図書館は、地域図書館のハブとして市民の読書文化を先導し、知識・情報の源として市民に様々な図書館サービスを提供する一方、大邱学研究の産室としての機能を担う。同図書館の名称公募にふるって応募してほしい」と話す。