Skip Navigation
  1. HOME
  2. コミュニティー
  3. メディアニュース
  4. 市政ニュース

市政ニュース

件名
台湾人旅行ライターの亜莎崎さん「大邱観光を満喫してほしい」
部署名
登録日
2018-04-12
作成者
대구시 ( T. 120)
조회
133
書き込み内容

大邱旅行ガイドブックを発刊した台湾人旅行ライターの崎さん、大邱観光名誉広報委員に

大邱市は5日、台湾人が大邱旅行を満喫できる大邱旅行ガイドブックを書いた台湾人旅行ライター、亜莎崎さんを大邱観光名誉広報委員に委嘱する。台湾に向けて大邱観光の魅力を発信するのが狙いだ。

 

external_image

台湾人旅行ライターの亜莎崎さん

external_image

台湾で発売予定の大邱旅行ガイドブック

m  大邱を何度も旅行したことがあるという亜莎崎さんが書いた『大邱旅行、こうやって楽しもう!(大邱就該這樣慢慢玩)』という大邱旅行ガイドブック(275ページ)は、51日に台湾で、61日にマレーシア及び香港で発売される予定。旅行ガイドブックとしてだけでなく、大邱の観光PRにもつながるのではと期待を集めている。

m  大邱市は、キム・スンス行政副市長を団長とする「台湾観光市場開拓団」を編成、台湾観光市場のマーケティング強化に向けて22327日に現地を訪問した。この訪問期間中に高雄で聴衆200人に対し行われた「大邱観光講演会」では、亜莎崎さんが大邱の見どころやグルメ、暮らしぶり、体験どころ、宿泊施設、交通などについて自ら撮った写真を交えながら語り、大きな反響を呼んだ。

m  大邱市は5日、大邱旅行ガイドブックのプロモーションと改訂版の作業のために大邱を訪れた亜莎崎さんを大邱市庁に呼び、大邱旅行ガイドの台湾での発売を祝うとともに、1140分から行政副市長室で「大邱観光名誉広報委員」委嘱式を行い、台湾での大邱観光PRにさらに尽力してほしいと要請する。

m  亜莎崎さんは、「大邱は、台湾からの飛行時間が2時間10分ととても近いし、食べ物もおいしいし、台湾人にとってとても魅力的な街だ。韓国語が話せなくても不自由なく大邱を旅行できるガイドブック、私が見て感じた大邱の魅力を多くの人に伝えられるガイドブックがあったらいいなと思って大邱旅行ガイドを制作した。地図とともに自ら撮った観光スポットの写真が掲載されており、行きたいところに誰でも簡単にアクセスできると思う」と語る。

大邱市長代行を務めるキム・スンス行政副市長は、「最も基本的かつ客観的な情報をもって旅行する方法は、その国で出版された旅行ガイドブックを活用することだ。多くの外国人の方が亜莎崎さんの旅行ガイドブックを活用し、大邱旅行を満喫してほしい。また、このガイドブックと大邱観光のPRを目的とした亜莎崎さんの講演活動を通じ、台湾のみならず東南アジアの多くの人に大邱を知ってほしい」と話す。