Skip Navigation
  1. HOME
  2. コミュニティー
  3. メディアニュース
  4. 市政ニュース

市政ニュース

件名
駐韓外交使節、変化と革新の都市「大邱」へ
部署名
登録日
2017-12-01
作成者
대구시 ( T. 120)
Inquiry
13
書き込み内容

大邱来産業ICT現況近代路地視察

 

 

ロシアやコロンビアなど14駐韓外交使節20人余りが、大韓民近代化主導した経済文化中心地大邱」をれた。

 

今回訪問は、行政安全省主催する「3回韓国公共行政優秀事例説明会」の一環で、大邱市がベトナムダナン遂行中の「スマ都市災害安全システムマストプラン策定事業」について紹介してほしいという行政安全省要請によって実現した。

今回3回目となる「国公共行政優秀事例説明会」は、現場直接訪問してれた政策事例システムを紹介するもので、公共行政をベンチマキングすることを駐韓外交使節要請によって2016から行政安全省主管われている。今年101213二日間にわたり大邱市われる。

大邱市は、繊維ファッション産業都市からICT基盤環境にやさしい先端都市への変化来型自動車・水関連産業中心都市へのビジョンを外交使節らに紹介することで、4次産業革命見据えた大邱市来像だ。

また、グロバル先頭ってクリンエネルギ医療など分野海外進出目指してんでいるほか、首都圏以外ではめて医療観光客2万人突破し、グロバル医療産業都市飛躍しつつある「メディシティ大邱」をアピルする。

また、きにわたる交流・協力成果現在遂行中のベトナムダナンにおける事業「スマ都市災害安全システムマストプラン策定」を紹介することで、大邱市する都市災害情報化分野におけるみと特性もアピルする。

説明会外交使節らは歴史物語めた青羅やイサンファ(李相和)サンドン(徐相敦)古宅といった近代路地ツアい、近代文化中心地大邱」の過去る。

大邱市のキムスンス行政副市長は、「今回説明会が、参加国との交流拡大し、大邱市れた地方電子政府海外進出するきっかけになってほしい」とす。


 

大邱、ロボット産業のメッカへ!

現代ロボティックス本社大邱1981直轄市昇格以来初めて国内大手企業誘致

 

 

大邱市のロボット産業クラスター構築事業完了した。くの世界的ロボットメ拠点くことになった大邱市は、伝統産業都市から先端産業都市へ、さらに大韓民のロボット産業のメッカへと急速変貌しつつある。

産業用ロボット世界シェア7(1)の「現代ロボティックス」の本社大邱テクノポリスにし、今年8開所式った。その効果もあり、東明電日成エムテック、セシン工業、ソヌロボテック、ユミョンエンジニアリングの協力会社5大邱市拠点くようになり、この地域一つのクラスタ構築された。これにより、物流費削減研究開発・品質管理効率向上といったメリットがまれ、ロボット分野において今後さらに争力まる見通しだ。

現代重工業グルプの持株会社現代ロボティックス」は、価総額72,149ウォン(‘17831日時点)で、大邱革新都市入居機最大規模ガス公社(価総額41,817ウォン)より規模きく、その規模地元最大手大邱銀行(価総額18,606ウォン)3.9にもぶ。現代ロボティックスの本社移により、大邱市1997しながら2000釜山市したサムスン商用車めると同時に、1981直轄市昇格以36にしてめて国大手企業所在地となった。

また、産業用ロボット世界シェア2()安川電機2015ロボットセンタ(大邱市達城郡城西第5次産業団地)建設したほか、KUKA(世界シェア3)大邱市北ロボット産業クラスタ拠点くなど、世界的なロボットメ7のうち3拠点大邱市一躍韓のロボット産業中心都市となった。

産業省実施した実態調査(2016)によると、大邱市所在のロボットメ24(‘12)から81(‘15)に、総売上げは1,060ウォン(‘12)から1,716ウォン(‘15)に、関連専門人材912(‘12)から1,431(‘15)にそれぞれえた。

現代ロボティックスと安川電機やロボット市場創出支援事業などの影響により、この5年間1,188雇用まれた。

また、8ロボット産業振興院(KIRIA大邱市北区第3工業団地所在)中心としたロボット産業クラスター構築事業完了い、ロボット産業起業・成長牽引するロボットエコシステムが形成されたのも大邱きなみだ。

大邱市KIRIA今後、ロボット産業クラスタ中心にロボット供給エコシステムを強化し、成長基盤構築戦略じて強小型ロボット専門企業積極的育成する方針だ。

-KIRIAは、起業保育センタ高度化やロボットブムの拡散、ベンチャー企業総合支起業再挑後押しといった好循環型ベンチャー・起業プラットフォ支援じ、起業ムを形成するとともに、需要・供給マッチングの先行研究による事業化支援優良ロボットメへの投資支援多角化装備活用教育といった争力のある優良企業向けの後押体制構築認証・試験支援体制高度化、ロボット安全認証制度国際標準先導などを国際レベルの験認証支援機関目指す。

- また、中小・中堅生産工場にロボットシステムを設置するスマトファクトリモデル ・拡散けた「ロボット活用中小製造工程革新支援事業」も継続して推進するだ。

- にも、ロボットなどの安全性分野先導けたロボット産業クラスター基盤構築事業く「人体する環境運用されるロボットの安全関連国際標準基盤機能安全性実現技術・危険度評価・リスク低減技術」を・推進中だ。

 

4のロボットクラスタ5参加、「大邱グロバルロボットビジネスフォラム」開催

一方大邱市は、韓米仏中4のロボットクラスタ5関係者出席してグロバルネットワクの構築によるロボット産業発展のありについて議論する「2017大邱グロバルロボットビジネスフォラム」を1115183日間にわたりEXCO主催する予定だ。

国内外のロボットメ関連機関関係者300出席するフォラムは、これまでに構築された韓米仏中4のロボットクラスター間のネットワクを基盤に、ロボットクラスター相互のグロバルパトナシップ形成のほか、新技術する交流・協力輸出市場拡大など、地元のロボットメ育成・発展目的としたビジネスフォラムとして開催される。

また、グロバルロボットクラスタネットワ構築協議開催世界的ロボットメCEO同士懇談共同宣言文、ロボットメー向けの輸出商談、ロボットメー各社対象にしたイベント「ロボット関係者べ」といったしもかれる。

- 参加規模4のロボットクラスタ5(総勢約300海外50250)

(マサチュセッツ、シリコンバレ)、フランス(アルプ)(浙江省)(テギョンロボット企業振興協)

海外参加企業30(15、フランス510)

 

クォンヨンジン大邱市長は、「ロボット産業クラスター基盤構築事業成功により、大邱市代表するロボット産業のメッカとなった。伝統産業中心から先端産業へと大邱市産業構造転換がうまくいっていることも証明した。大邱拠点世界的なロボットメがさらに飛躍できるよう全力後押しするとともに、各社協力してロボット先導都市目指していきたい」とす。