Skip Navigation
  1. HOME
  2. コミュニティー
  3. メディアニュース
  4. 市政ニュース

市政ニュース

件名
僧市祭り、秋夕連休に八公山にて!
部署名
登録日
2017-10-17
作成者
대구시 ( T. 120)
Inquiry
68
書き込み内容

「第8回八公山僧市祭り」106910:0020:00に開催!

大邱市と桐華寺の共同で主催し、八公山僧市祭り奉行委員会が主管する「8回八公山僧市祭り」が、秋夕連休期間中の106()9()4日間にわたり八公山桐華寺一帯で催される。朝鮮時代の僧たちの物々交換市の様子が現代的に再現される。

 

m 僧市とは、朝鮮時代に山中で僧侶同士が物々交換を行った市のこと。大邱市はこの地元独自の歴史文化資源を再現し、この地を訪れる観光客と市民に見どころを提供しようと、2010年から年に一度「僧市祭り」を開催している。

m 今年で8回目となる僧市祭りは、6つのマダン(広場)(市場マダン、フードマダン、展示マダン、伝統遊びマダン、アーティスト山中マーケットマダン、体験マダン)で様々なプログラムとイベントが行われる。

m 秋夕連休中に開催される今年は、昔ながらの市場の様子を再現、家族や親戚で楽しめる充実したプログラムが企画された。野外劇専門劇団「ハムケサヌンセサン」による公演のほか、地元のアーティストらによるストリート公演が行われる。大邱・慶尚北道地域の手工芸作家ら約50チームによる山中アーティストマーケットも開かれる。

また、全年齢向けのプログラムも行われる。キッズゾーンにはエアバウンスが設置されるほか、来場者を考慮し公演会場と特設シルム(韓国相撲)競技場には天幕が張られる。 




A- Marketplace Ssireum Arena, B-Kid’s Zone Food Area, C-Exhibition Area Traditional Game Area, D-Hands-on Area Performance Area, Artist’s Marketplace, Opening ceremony venue (Special stage for unification dharma talk)


<会場配置図>

m 僧市祭りの主な日程

          106日午前10時に開場。午後3時からイベントの幕開けを告げる開幕法要式が統一大仏で開かれ、仏教連合合唱団とアカペラ公演団による公演、チョンモク僧侶が司会を務める音楽会が開かれる。

          78日の午後2時からシルム王の座を競う「僧伽シルム大会」が、8日午後5時から全国の僧侶による法鼓コンテスト「僧伽法鼓大会」が開かれる。

          参加型イベントは、69日の午前11時から桐華寺テンプルステイ研修院で行われる「鉢盂供養体験」。無所有の精神を根本とする精進料理を体験できる。(参加申込み受付:僧市ホームページ www.seungsi.com/ 一日40人・4回、先着順)
7
日午後6時からは「大邱・慶尚北道月光お茶コンテスト」が開かれる。

          上演される主な公演は、記念公演「僧伽祝賀音楽会」(6日午後3)フュージョンクラシック公演「トントンハンマダン」(7日午後5)、「韓国の調べ音楽会」(9日午後2)。また、イベント期間中は、創作野外劇「尻尾を抜かれた虎」(午後1)やナムサダンノリ公演(午後330)なども上演される。

 

m 展示イベント「秋の菊展示」「伝統灯篭展」「聖宝博物館特別招待展-万行、帰ってきた聖宝展」「書刻展示」(ともに69)。体験イベントは、「仏教伝統文化体験」や「生活文化体験」「東アジア文化体験」など。市場マダンは、「僧市再現広場」や「僧市」「山中アーティストマーケット」「精進料理の広場」など。

m 僧市祭りが秋夕連休期間及び秋の行楽シーズンと重なり、桐華寺周辺の道路の混雑が予想されることから、大邱市は大邱駅から会場まで運行される路線バス(急行1)2台増車するとともに、桐華寺バス停(シネ80)から桐華寺桐華門までと桐華寺鳳凰門から桐華寺統一橋まで、14人乗りの電気自動車など8台のシャトルバスを運行する計画。

m クォン・ヨンジン(泳臻)大邱市長は、「大邱でしか開催されない独自の歴史文化資源である僧市祭りが、国内外の観光客に多くの見どころを提供し、地元を代表する観光フェスティバルに定着するできるよう、コンテンツの開発に一層力を入れていきたい」と話す。